保育園の管理職の方々へ講演をしました。「職員一人ひとりの力を引き出す言葉がけとは〜円滑な職場環境づくりのために〜」


去る2月1日(水)、日本保育協会 神奈川支部のみなさんへ向けて講演をしました。テーマは「職員一人ひとりの力を引き出す言葉がけとは〜円滑な職場環境づくりのために〜」。当日は南風が強い日でしたが、園長先生や主任保育士、事務局長など、50名を超える保育園の管理職の方々が足を運んでくださいました。会場は藤沢市藤沢公民館Fプレイス。300名は収容できそうな大きなホールです。

コロナ禍は、それまで当然と考えられていた、コミュニケーションにおける常識や価値観を大きく変えました。端的に言えば、これまでのアプローチをアップデートしていかなければ、コミュニケーションが円滑に行われなくなってきているのです。

それは、保育業界においても例外ではありません。集まった先生方は、新人保育士との価値観の違い、園内の職員関係、先輩後輩、もしくは同僚同士で、自分の意見をどのように伝え、また、それをどのように共有するかといったコミュニケーションの難しさに日々直面しています。

そのような問題にどのように対応するかについて、大阪芸術大学の学生たちから学んだ話をメインに、明治大学の学生を始めとする若者たち、さまざまな小学校の先生から伺った話、企業での講演の際に見聞きした話などを織り交ぜながら、90分間語りました。


いまの日本社会は大きくわけて、高度経済成長期〜バブル時代を経験した世代と、バブル崩壊後を生きてきた就職氷河期世代、ミレニアム世代(デジタル・フロンティア世代)、ジェネレーションZ(デジタル・ネイティブ世代)、その下のSDGs Kidsといった、多種多様な時代背景、価値観、常識を持った人たちで構成されており、それを前提としなければ言葉はうまく伝わりません。


その世代間ギャップ、ネットやリモートにおけるリテラシーギャップをどのように超えていけばいいのか、どのように伝わる言葉を作ればいいのかについて、昨今の広告戦略、脳科学の世界で言われている、お互いに嫌な気持ちにならない上手なコミュニケーション法やトレーニング法など、すぐにでも実践できる具体的な方策をアドバイス。先生方は身を乗り出して一生懸命メモを取っています。


最後に、厳しい社会情勢の中、それでも必死に生きている若者たちの現状を「笑顔」というテーマで書かれた作文を例に出して説明。「だからこそ、私たち上の世代は、批判でも批評でもなく、まずは彼らにポジティブな言葉と笑顔を向けましょう。『世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔』という、彼らが大好きな高橋優の『福笑い』という歌のフレーズ、笑顔と言葉、Smile & Words、これが世代ギャップを埋める、いちばん大切なことだと思っている」と締めくくりました。


講演終了後に開催された親睦会でも話はつきません。打ちとけたリラックスムードの中「あの子たちが、未来なのだから」と熱心に語る先生がいらっしゃいました。未来、未来と何度も。「子どもは未来」これを比喩でなくおっしゃっています。

一人ひとりの小さな体の中に私たちの未来がある。
「未来、未来」と語り合っていた保育士さんたち、本当に素敵でした。

もしまた、なにかお役に立てることがあればいつもで呼んでください。
未来を育むお手伝いをさせてください。

大阪芸術大学 2022年度の講義が終了しました。


大阪芸術大学 2022年度の講義が終了しました。

昨年の4月12日から全30講座。
一度、台風のために休講になりましたが、昨日の補講で無事に規定講義数を終えることができました。

火曜日の2限が、3、4年を対象とした「文章表現」。
4限が、1年生の必須科目として「文章・音声表現」。
将来の映画、テレビ、動画制作、声優、アナウンサー、脚本家、広告制作などを目指す学生たち。

ただ文章の書き方を教えるだけでなく、哲学、文学、広告コピー、エッセイ、詩歌、思考法、メンタルの鍛え方などあらゆるジャンルに挑戦してもらう。
これまで「よし」とされてきた文章の既成概念をすべて壊して、思いを自由に言葉にする方法を学んでいく。

4月当初、「文章を書く」「人前で発表する」というだけで怖気付いていた学生たちが、秋を過ぎた頃からみるみると力をつけてきました。
制限時間15分の中で、頭を高速回転して文章を書く。
このメソッドにも慣れてきて、15分で書いて、3分でパワースピーチを行えるようになりました。

最後の感想に、

「鍛えるべきは、文章ではなく自分だと気づいた」

と書いてあったのを見て、思わず涙がでましたよ。

2023年も、同じ時間に講義を持ちます。
残念ながら抽選になってしまいますが、多くの学生と会えることを楽しみにしています。

『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』33刷決定!

「思いを言葉にする力」を5日間で学ぶことができる25のメソッドを集めた『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(2019年4月30日初版発行/大和出版)の増刷が決定しました。

今回で33刷(!)となります。

これもひとえに、みなさまが手にとってくださったおかげです。
本当にありがとうございます。
感謝してもしきれません。
本人もうれしさと感謝の気持ちでいっぱいなようです。

とくに最近では、コロナ禍でのモニター越しのコミュニケーションに悩む学生や、新社会人の方が手にとってくださっているそうです。
オーディオブックスで聴いてくださっている人も多いとか。

この本に書かれている25のメソッドは、講師をしている明治大学の学生たちをはじめ若い世代から寄せられたさまざまな悩みや、著者本人の経験を踏まえて書いたものです。
“語彙力不足”や“表現力不足”から抜け出せずに困っている人に向けて書かれました。
「思いを言葉にする力」を身につければ、仕事に限らず、あらゆる場面で自信を持って表現することができ、本当に自分の納得する人生を送れるようになるとの思いからです。

これからも、みなさまの日々のコミュニケーションをお手伝いできるような本を書きつづけていきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(書籍一覧ページに移動します)

板橋区立緑小学校4年生に「10歳をお祝いする授業」をしました。

東京都板橋区立緑小学校の4年生に、「自分の未来を考えよう」というテーマで10歳をお祝いする授業をしました。


あいさつは、大きな声でした者がその場を支配できるんだよ、という話から授業はスタート。

続いて、江戸時代の10歳は「つ はなれ」といって小さいながらも大人に認められる時期だったというお話、脳科学の世界では「ゴールデンエイジ(黄金の歳)」と呼ばれるいまの時期に、たくさん運動して、なんでも好奇心を持って、いろんなことを記憶してくださいとお話ししました。

と、ここで「人間はどのくらいの時間集中できると思う?」とクイズ。

「1時間くらい?」「1時間半かな?」子どもたちはあれこれ考えながら答えます。
「実際はね、9分間なんです」と正解を教えると、子どもたちは「!!!」。
驚きを隠せません。

驚きの余韻も冷めぬまま、「プロの選手がみなさんくらいのときにどんな集中力を持ってどんな未来を描いていたか見てみましょう」と、話はだんだんと佳境へ。

登場したのは元Jリーガー選手の本田圭佑さんと元大リーガーのイチローさん。2人が「将来の夢」をテーマに小学生の頃に書いた作文を読み上げます。自分と同じくらいの年齢のころに書かれたスーパースターの作文に、子どもたちは興味津々。

夢をしっかり持ち、なりたい自分に関して具体的なイメージを思い浮かべて、それを言葉にして文章にぶつける。こんな2人だからこそ世界のトッププレイヤーになれたんだね、という解説にみんなうなずいています。

さてもう一人、と言って紹介されたのは大谷翔平選手と、彼が目標達成のために作った目標達成シート(マンダラシート)。
「大谷翔平選手も夢を実現した一人です。その彼がやっていたことを今日はやってもらいます」。

配られたのは9つのマス目が書かれた一枚のシート。大谷選手が高校生の時にしたように、そのシートに将来の夢と、それを実現するためにはどんな行動を起こせばいいかを、一人ひとり書いてもらいました。

「いいねえ」「おもしろいねえ」「へえー、すごいねえ」と講評しながら、担任の先生と一緒に子どもたちの書くシートを見て回ります。

「よし!集中力だ。いいかい? ここから3分間、シートに書くことに集中して。鉛筆から煙が出るくらいの思いで、カツカツカツカツとそこになにか書いて。せーの、はい!」

カツカツカツカツ…
カツカツカツカツ…
カツカツカツカツ…

最後まであきらめずに、ラストスパートだという勢いと集中力でマスを埋める。その最後のあきらめない気持ちがテストのときなどにも大切。子どもたちに、あきらめない気持ちと集中力を忘れないで、との思いの3分間です。

さて、いよいよ発表です。発表のときにはルールが一つ。発表してくれた人には、その内容に関係なく、発表したということに対してみんなで拍手を送るというものです。

三田線の運転手、看護師、歌い手、外国で教師、イラストレーター、作家、プロゴルファー…子どもたちの夢がこれでもかと出てきます。

そして、それをかなえるための具体的な行動も。
速度の勉強をする、駅名を覚える、人にやさしくする、お手伝いができるようにする、すばやく動けるようにする、日記を書く、演劇部に入る、YouTuberになる、日本について理解する、外国の文化風習を勉強する、一日一枚絵を描く、上手な人の絵を見る、いろんな画材をためす、本をたくさん読む、自分はやればできると思う…。

もちろん、発表した人へは大きな拍手の約束も忘れません。

授業のしめくくりに、「だいじなことを覚えておいてね。それは絶対に自分にレッテルはりをしないこと。もし自分にレッテルをはるなら、ネガティブなことではなく、ポジティブなレッテルを」とアドバイス。

緑小で10歳をお祝い(以前は「2分の1成人式」という名前でした)するのは今回で4回目です。年明け1月に子どもたちへエールを送るこの授業をすると、新しい年が始まったなあと実感します。

今年も全国の子どもたちに会いに行きます。
待っててね。

東洋経済オンラインへ寄稿しました。テーマは「ドリームキラー化している親の意識下の言葉について」

わが子の幸せな人生を願うあまり、先回りの言葉がけや親の価値観からの助言など、日々何気なく子どもにかけている言葉が知らず知らずにその子の自己肯定感を下げ、親であるあなた自身がわが子のドリームキラー(夢の殺人者)になっているとしたら…?

最近、このような話をするとハッとする親が多いことを危惧しています。なぜなら親にはまったく悪気はなく、そんな言葉を口にしていることにさえ気づいてないからです。

なぜ近親者はドリームキラーになりがちなのでしょうか。
ドリームキラーにならない方法はあるのでしょうか。

本稿では、わが子のもっとも近くでドリームキラー化している親の意識下の言葉、そして、その対処法を考えました。

気持ちのいい距離感でエールを送る、世界で一番のサポーターでありつづける存在であるためにはどうしたらよいのでしょうか?
ぜひご一読ください。

【東洋経済オンライン】
親が「ドリームキラー」の子に見えがちな問題行動 親の価値観の押し付けをしていませんか?(外部リンク)

『トイレでハッピーになる366の言葉』発売イベントの様子がPR TIMESで紹介されました。

昨年12月25日に開催された『トイレでハッピーになる366の言葉』(主婦の友社)発売記念イベントの様子が、PR TIMESで紹介されました。
1月6日のブログでもイベントの様子をご覧いただきましたが、またひと味違う切り口で、イベントの様子や本書の紹介がされています。
こちらもぜひご一読ください。

【PR TIMES】
「世界は、きみを大好きだ!」そう言い合える世の中を。『トイレでハッピーになる366の言葉』発売イベント開催(外部リンク)

【開催延期になりました】「自己肯定感」をテーマに対談をします【1/28(土)13:00〜:池袋・全国配信】

こちらのイベントは、主催者の都合で開催延期となりました。開催時期など詳細は、決まり次第あらためてお知らせします。

楽しみにしてくださっていたみなさま、すでにチケット申し込みをしてくださっていたみなさまにはご迷惑をおかけし心苦しいばかりですが、どうぞご了承いただければ幸いです。

みなさまにお会いできる日が一日も早く来ることを願っております。

******

来る1/28(土)、池袋・天狼院書店Esola池袋店STYLE for Bizにて、カリスマ教育コンテンツ・プロデューサー犬塚 壮志(いぬつか まさし)氏とのスペシャル対談が開催されます。

テーマは「自己肯定感」
当日は以下のようなお話をしたいと考えています。

・「自己肯定感」はなぜ重要なのか? 何に影響を与えるのか?
・言葉を扱う現場/教育現場の最前線から見える「対人関係」における悩みの数々と自己肯定感の関係。
・言葉の扱い方と、対人関係のコツ。
・交渉力から解き明かす、対人関係のコツ。
・明日から職場、家庭などあらゆる場面に使える重要な自己肯定感が高まる「対人関係」のコツ。
・本には書けなかったけれど、実は重要なこと。
・今後さらに学びを深めるために。

あなたの抱えている対人関係の悩みが少しでも消えるような、そんなヒントを伝えることができたらいいな、と思っています。
リモート視聴もできるので、お時間が許しましたらぜひご参加ください。

【イベント概要】
「自己肯定感」が高まる“対人関係のコツ“とは?“言葉のプロ、コミュニケーションコンサルタント“と”カリスマ教育コンテンツ・プロデューサー“によるスペシャル対談

■日時:2023年1月28日(土)13:00〜
12:40  受付開始
13:00 イベント開始
15:00 終了(質疑応答含む)

■会場:天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz(〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目12−1 エソラ池袋 2F)
※生中継配信あり/後日動画配信でご視聴も可能です。

『トイレでハッピーになる366の言葉』発売記念トーク&サイン会~「自分をハッピーにする言葉」の見つけ方~

2022年12月25日(日)、『トイレでハッピーになる366の言葉』(主婦の友社)の発売を記念し、八重洲ブックセンターにおいてトーク&サイン会~「自分をハッピーにする言葉」の見つけ方~が開催されました。

コロナ、戦争、元首相の暗殺…大人にとっても暗く重苦しい昨今の社会情勢は、感受性が強く心身ともに成長過程にある子どもたちを大人以上に苦しめました。そんな子どもたちにエールを送りたい。その一心で書き上げた本書のイベントには多くのお客様が足を運んでくださいました。

講演では、人間はさまざまな関係性の中で日々変化していくのだから、自分をハッピーにする言葉は毎日変わっていい。その自分を「一貫性がない」と言って責めるのではなく、毎日の自分の心の変化を柔軟に肯定するところにハッピーが存在すると、「自分をハッピーにする言葉の見つけ方」を指南。

また、「今日もよくがんばったね」「まだ眠いのに朝起きてえらいね」「毎日生きようとがんばっているね」と自分で自分を励まし、ほめたたえ、肯定し、言葉をかけてあげる。「気持ちいい」「おいしい」「ありがたい」と自分の気持を声に出すことがハッピーにつながるのだと、「ハッピーになる言葉」とは自分が自分に与える言葉であると話しました。

途中、本書制作に10代の視点からアドバイスを与えてくれた大阪芸術大学の教え子の学生がゲストとして登場。制作秘話なども織りまぜながら、「作業は楽しかった」「自分がした赤入れが反映されていて嬉しかった」などと肩の力の抜けた様子で話し、会場を沸かせました。

イベント当日の12月25日の本書の言葉は「世界は、きみを大好きだ!」。ひきたよしあきはこの言葉を「ハッピーになる言葉としてみなさんにお伝えしたい」と語りました。目の前にいる子ども、パートナー、友人、知人、そして誰より自分に向かって「世界はきみを大好きだ。きみを愛している。いてくれるだけでいいんだ」そう伝えることができれば世の中はハッピーになるのだと思うとの言葉に、話を聴いているみなさんは大きくうなずいていました。

最後は、本書の12月31日の言葉を紹介しながら「今年、いろんなことがあったとしても、『よくやったね』と言ってほしい。自分、家族、愛する人に対して『いろんなことがあったけど、よくやったね』と。こうして生きて年を越せることがどれほど幸せなことかということを、みんなで味わってほしい。そして、来年がハッピーになる言葉を見つけていってほしい」と語り、同時に「言葉は薬。言葉で人間は変わっていく。厳しい言葉を言えば厳しい人間になっていってしまうし、自分に対して厳しくすれば人にも優しくできなくなる。この厳しい世の中で、厳しい言葉はもうよそうじゃないか。自分に対しても世界に対してもやわらかく、優しい、励ましの言葉でみんながハッピーに、世界中の人が笑って暮らせる世の中であることが大切」と言葉を結びました。

サイン会には長い列が。なかにはゲストの教え子にもサインを貰う人も。また、遠方から駆けつけてくださった方や、懐かしい顔もちらほら見え、クリスマスらしいあたたかなひとときが流れました。

今年から、ひきたよしあきの活動を積極的に報告をしていきます!

あけましておめでとうございます。
2023年の幕開けです。

といっても新しい年になって、もう5日がすぎました。すでに「おとそ気分」が抜けている方も多いかもしれませんね。

新年6日目の今日1月6日は、「一粒万倍日」と「天赦日」が重なるとても縁起の良い日です。
一粒万倍日はなにかを始めるのにとても良い日。「一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、立派な稲穂になる」という意味があり、この日に良いことを始めると万倍ものご利益にあずかれると言われています。
そして天赦日とは大安よりも縁起の良い、なにをやってもうまくいく日のこと。

だから今日からこのブログで、ひきたよしあきの活動を随時報告していくことに決めました。
「こんなことをしました」「こんなことをします」、そんな報告を週に最低一度は発信していきます。
どうぞご期待ください。


今年は、うさぎ年-癸(みずのと)卯(うさぎ)-です。

癸とは、雨や雪のこと。淀みや汚れた濁流を濾過し、洗い流していく清らかな水のこと。汚いもの、恐ろしいもの、不正、不浄が流されて、終わっていくことを示します。

卯とは、「門」を示すという説と「双葉」を表すという説があります。いずれにせよ、新しいものが芽吹きスタートすることを表しています。

今年は水清らかに向かう世界の中で、生命力の強いうさぎたちが寄りそって、小さな力を大きく結集していく。コツコツと力を集めて、石を穿つ一年になります。

汚れが濾過され、清水が新しい未来の門をあける。そこから小さな双葉が育とうとする。
いよいよ新しい時代へ移行するという気持ちをもって、みんなで楽しく笑って暮らしたいですね。
1日1日を、一人一人を大切に、新しい門を抜け、跳躍する一年にしましょう。

今年は、みなさんと直接触れ合う機会を作りたいと思っています。
本を書きます。
新しい学びの場も作ります。
ぜひとも、いっしょに新しい門を開いていきましょう。

2023年がみなさまにとって上々吉。
史上最高の年となりますように。

トイレでハッピーになる366の言葉

小学生は元気が出て、
中学生は背中を押され、
高校生はいっしょに笑えて、
大学生は勇気をもらえる。
そして大人もなんだかおもしろい!

366日エールが聞こえてくる名言集。
国内外の偉人の言葉や生き様、人々をいましてめてきたことわざや、四季の行事、習慣など、未来に残したい言葉を、元博報堂のスピーチライターでコラムニスト、コミュニケーションコンサルタントのひきたよしあきさんがセレクトし、解釈した一冊。

インスタフォロワー数50万超えのクリエーター、パントビスコさんが描くキャラクター、犬の「ぺろち」も、ひとつひとつの言葉に新たなエッセンスを加えてくれます。

人を追いつめる話し方 心をラクにする話し方

イソップの寓話「北風と太陽」のお話を覚えていますか?
本書は「北風上司」と「太陽上司」を主人公にした物語形式の一冊です。

急激な働き方の変化、昭和・平成・令和各世代の価値観の違い…。
そして動画、写真、絵文字などによる“言葉”の進化。

こうしたなかで、人はどんな言葉に救われ、前向きな気持ちになれるのか。
逆に、どんな言葉に足がすくみ、気力を失うのか。

博報堂スピーチライターで「話し方のプロ」である 著者ひきたよしあきさんが
500人以上の声から導き出した「相手に響く言葉選びと伝え方のコツ」をご紹介します。